相手の頭の上の80級b。ossの属,性データを見て、夜未明には歯が酸っぱく感じた。
今の彼は、手に握ってい,る金。色の宝剣を緩め、勇敢な抵抗を徹底的にあきらめた。
公冶幹のそばから帰ってきた時、牛志春は夜未明に向か。って卑猥にまばたきをして、表情がと,ても良かった。
「えっと」夜未明に,自分を探しに来たと聞いて、田伯光も焼肉を下ろし、「。二人の公門の中の人と武当弟子が私を探しに来たのは、私を捕まえに来たのではないか」とにっこり笑った。

「相手の得意な料理を作って。みてもいいし、いつ相手の得,意な料理を自分のスタイルにできるのか、8分ほど離れていないはずだ」
しかし、彼が一番自分を困らせている敵。は、この夜未明だと思,ったとき。

ゲームの皇。居は自然に立派だが、白といえば現実の故宮と同じくらい少ない。夜未明はあまりショックを受けていない。ましてや、ここは故宮ではなく、夜の未明も旅行に来たわけではない。皇居のような場所では、韋小宝も気をつけなけ,ればならない。夜の未明もおとなしく彼に付いて行くしかない。今回は、夜未明に非魚と同時に声を上げた。。しかし、彼ら二人の軽い仕事で、長空桟道のような場所では自保も無理で、人を救うために手を出すの,はもっと無力だ。

夜未明について行,くのは剣に戻って横に掃くことで、葛昂守は再び避けた。いと思ってどこで間に合うのか?青竹の剣にひどく首を掃かれた。
こ。れはまだ第一級から第二級に昇格するのに必要な熟練度だけで、さらに上昇を続けるのか,?

夜未明は仕方がなく、,チームチャンネルで任務のスクリーンショットを出すしかない。
「そう,すれば、神様は私が人の命を殺すのを責めることはなく、阎羅王も彼が陰世地。府の商売を盗んだと文句を言うことはない」

    夜の未明を待たずに尋ね続けると、仇覇は「私ももともと江湖グランドだったが、この世の悪人が多すぎ,て私の家族の子供たちは。山賊たちに残忍に殺された。何度か聞いて初めて、私の家族を殺した犯人はロータス寨寨の主震八方林志佩で、この人は実力が深く、剣法が優れていることを知って、私は相手ではないと自問して、落草をコウに選んで蓮花山に混ぜるしかない復讐の機会を探す。」と言いました
    赤衣少女は自分の操作を自負しているが、自。分が正面から「岬宗はどうだ」と思うほど自負していない!,

    拝師の任務が終わるにつれて、この品物の血気の値は一瞬でいっぱいに,なって、夜未明に挑戦。する勇気を与えた。
    彼女の前の食卓には、鍋から出たばかりの肉まんが置かれていて、米,粥が2杯とゆで卵。がいくつか並んでいて、食器は一式二枚であるが、明らかに動かなかった。

    感情はまだ結合装備,で。、この沈万三は他人が奪うことを恐れていないのも不思議ではない。
    「私た。ちには何の証拠もなく、根拠もなく、彼女は認,められない。」と言いました