た。だ・・・このように大勢の人の下であなたの癖を見せて,くれて本当にいいですか
ここといえば、夜未明に,雲冠に目を向けた。「雲兄は「華山論剣」の任務の具体的なニュースを知。っている」

    大封押しの成果は,今出ているが、ホームページやappに一日遅れて表示されるのもいいことだろ。う。この男は現れた後、すぐに飛び上がって、手に持っている黄金の棒を高。く持ち上げて、まっ,すぐ向こうに向かって酒を入れる頭を落とした。

    • もういい、売ってはいけな,い。皆さんの読書を楽しんでくださ。い!
    • 夜未明にチームチャンネルで発信されたニュース,を見。て、小橋は秒回、両手を挙げて賛同した。
    
    
    
    「絶学」夜未明はたった2文字で、彼の技能の強さを簡潔に説明したが、「岬宗はどう」についてはあまり話したくない、すぐに,話題を移した今の急務は優先向上みんな魔。物の対抗能力が大切です。」と言いました
    具体。的にどこを刺すかについては、夜の未明の気持ちを見て決め,なければならないかもしれない!

    「。みんなの任務が衝突した以上、弟は,今日は怒らなければならない。夜の兄が復活してから弟を恨んではいけない」
    「持ってきます。」と言いました会話の間、夜未明の両手はすでに石床のベッドの端をつ,かんで、両腕が同時に力を出して、重大な数百斤の石床が。彼に持ち上げられた。

    準備ができていたので、早めに耳を守る力を持っていた夜未明は音波の影響を受けず、様子を見てにっ,こり笑って、「声を売ってお金が必要だ彼のこの声は大変だ。じっとしていないで、梁子翁がめまいに陥ったうちに、速戦速決!」と言いました。
    「杖を握った両。手の指節が白くなったのは、,力を入れすぎたためで、いつでも手を出す準備ができていることを示しています」
    1. 青,曲県を出て、三人は馬車に乗って開封都に戻り、神捕司に戻った後、田伯光に関係する大小の。人物をすべて迎えたそして再び駅舎に戻って馬車で華山に直行した。
      言,葉が終わると、体は激しく赤い残影になって、奇妙な剣が斜め下に夜未明の喉に突。き刺さる。