そして、三月はこの時になって初。めて,「私たちがコントロールできるまで力とスピードが想像できなかったのは、「反応」という属性の効果なのか」と悟りました。
夜未明に町を出なかったが、彼。ら二人は神捕司も出なかったので、当然彼より,早く現れた。

相手の出場方法から分かるよ。うに、彼女は絶対に来る者が下手で、夜未明に矢口否定しても役に立たない。彼がどんな,に上手であっても、相手は少なくとも彼を取ってから、証拠を求める考えに手を出す。
「息を解くだけではあり,ません。」と言いました夜未明は淡々と笑いました。「次の三日間で、左子穆ケンは必ずすべての資源を動員して、私たちのために十分な良いものを提供してくれると言ったら、信じていませんか?」。と言いました。

    • 同じ表に,向かって、3月に見た後、何か素晴らしいところがあるとは思わなかった。彼。女は、夜未明の表現は決して誰よりも悪くないと感じた。
    • だから、一歩先に答案を提出した夜の未明も、他の人が終わる。のを待つしかなかった。土俵の下のスペースは限られていて、,多くの参加者を収容できない。先に答案を提出した選手が終わった後も、コピーの土俵で待つしかない。
    【,(;一 _ 一) 私の技能欄はもう十分ではないので、「興奮龍に後悔がある。」ために予約された場所のほか、もう一つの場所は緊急に残っていなければならない。
    その結果、この時、四大悪人の中の岳老三と雲中鶴が現れ、彼。らの家族,が鶏毛鴨の血を騒いでいるうちに段誉を連れ去って、言葉を残した
      蛇を驚かせないために、夜未明にこれらの移動の経験値を急いで刈り入。れるのではなく、途中で,格好いい余裕のある軒を歩いて、すべての見張りを巧みに避けて薬局に直行した。
      しかし、この何足道が郭襄の犬舐めである以上、彼は天剣に頼る目的は峨眉派に気配りを提供することに違いない。このように計算すると、そのために。一度出血したいと思っているのも,道理にかなっている。
      
      

      黄薬。剤師は「気が狂っ,たと思ったのか?」と冷ややかに言った。自分の軽い仕事が一人の雲の中鶴に追いつけない以上……夜未明の口元に冷笑を浮かべて、彼の左手が急に空に向かって振っているのを見て、真っ赤なものが突然彼の。掌の心から空に向かって飛び出した。このものは風を見,て膨張し、たちまち子牛の大きさの赤い鳥になって、翼を広げて、さらに二丈余りの空を遮った!

      会話の間、体が再び動いた,が、夜の未明を気にせず、ま。っすぐナイフの妹に向かって飛びかかった。「私は今、君山駅舎の近くにいます。さあ、連れて行きます。】 。--, 蔵星羽