両側の実力。の対比を見て、唐三彩は思わず眉をひそめて「白兄さん、あなたの属性がこんなにタフで、どうしてレベル30しかないのですか」と尋ねた。,
彼はそれ。を知っていて、このよう,な計画を立てて、躊躇せずに余滄海を殺した。

段正淳は手紙。が疑われ,る命を牛志春に閉じ込められたロープを緩めたと聞いたが、四大護衛は牛志春の周りの四つの相対的な位置に立っていて、状況が変わると最初の時間に力を合わせて殺すことができます!
夜不明そっとうなずいて、笑いました。「私が感慨、た。だたちは以前,邪魔 '潜入' の設定、あまりにも気をつけすぎた。」と言いました


その時の夜未明はゆっくりとグラスを持ち上げて、美美は一口の価格が10金一本,の梨花酒を飲んで、その感覚は、まるで水を割った二鍋。頭と何の違いもない辛いですね。お茶、ジュース、梅スープなどの飲み物は飲みやすいです。
三分後、この范右使が演じた苦頭陀はついに瀕死の状態になっ,て、血が一滴しか残っていない状況でシス。テム保護が現れた。
      1. 口で。はそう言っていたが、,夜未明にはナイフの妹という驚くべきナイフに驚いた。もう一度伝えて、周りの吹雪を見て、,「ここは北で。しょうか」と言いました

      2. 任務は一石を奨励し、夜未明には一人。八斗、刀妹は一斗、残り,のチームメイトは一斗に分けた。
        また、夜未明に諸葛孔明のクロスボウの資料を科学して、荏面は「すみません、あなたも巻き込まれました。実はこれはもともとチームを組ん。で完成させることを提案した任務であるが、私は門派の他の人を信用しておらず、ゲームには他の友達もいない…&he,llip;これは言わない。今、私たちはここから柱の後ろに頭を出しさえすれば、すぐに再び戦闘状態になる。彼の矢法では、今私たちはできないし、逃げられない、本当にジレンマだ!」と言いました