彼はまだ隠れた口遁が露出し,ていないの。かもしれないのか?
「弾指神通」という絶技は、今の夜未明でも、非常に内力を消耗する工夫である。このように次の連弾は、丹薬の補助と「混元功」の吐納特性の加速回復があっても、まだ入り込めず、,わずか20歩ほど歩いた彼の内力はもう3分。の1消費された。
  • 会話の間、夜の未明にふろしきから一袋の外見が緑の毛で覆われた大きなポケット,を取り出し、このポケットが現れたばかりで、鼻を刺。す酸っぱいにおいがすぐに客間全体に漂っていた。
    夜未明に自分で殺され,たbossに対処する前に、火葬は基本的に死体の入った棺を直接火に。投げ込むことで終わった。
    「おお」夜,未明、気まずい笑いをした。「彼女は春薬を飲まれたの。だ。」と言いました
    「。彼女の今回の,攻撃は…… 」

    みんなに会った後、円。真は両手を合わせて、優しいほほえみを浮かべた。「阿弥陀仏!何人かありがとう少年正義を持って,手を出し、貧しい僧のためにそれを除いて下心の悪辣な刺客、贫僧代表中原武林の無数の同道、少侠の皆さんに感謝した。」と言いました
    だ,から、彼は天龍寺に到着する前に、用意した少林の絶技。は決して三冊だけではない。

    • 「ありません。」と言いました三月はきれいに答えて、泥を引きずって水を持っていない。「私はただ阿明の言うことを聞いただけで、しかも彼も道を聞いただけで、どうして証拠があるのか?。」,と言いました。
    • そして、夜の未明に向かってまばたきをして、。酒壇を,下ろした。
      夜は軽蔑して口をゆがめた。「私たち。の体に生えている次男ですか?」と言いました,
      この時、リングの牛志春はす。でに小橋の双剣合壁の下で白い光に絞られていた。結局、彼は夜未明ではな,く、刀妹でもなく、小橋の双剣合壁が不足していても、誰もが対応できるわけではない。
    • 彼がこのようにしたのは、彼が何をしたいのか、そ。れとも虎山行に偏っているのか、相手が,何をしたいのかを見なければならないからではない。だからです最初。から最後まで、彼は凡夫俗子を支援するつもりはなかった,。