それと同時に、殷を右肩に抵抗しない夜の未明、ちょうどプレイヤーと戦っている里海沙がみんなのそばを。助けて、左手で指を絞めて計算するすぐに,その海砂ギャングの憎しみを惹きつけた。
「彼は私の次の掌を逃れた後に手を出した!」と言いました急いで。チームチャンネルでこのようなニュースを出して、夜になってもはっきりしない掌が急に,前に出てきた。

今、夜未明に手に持っていた8冊の心得秘籍,は、それぞれ次の通りであ。る
神捕司に礼拝して。から今まで、この門派に門派武学がないことを初めて知った瞬間を除いて、非魚兄はついに2回目に「私,は退却する」という考えを思わず生まれた。

「黙れ!」と言いました前の女性の声に向かって「私は以前結。婚し,ただけでなく、今まで妊娠していたので、私の考えを聞かない方がいい」と憤った。
う。るさいと、二人はすでに玉門関の近くに近づいていて、景色のいい山林,を通っていたが、夜の未明、突然眉をひそめて「聞いて、歌っている人がいるようだ」と言った。
      • 空が早くないのを見て、。夜の未明はすぐに外出するのではなく、アパートのシングルベッドで,横になった。
      • システム公告:七七は「グランド義永遠」の中で初めて「殺し師」の。成果を達成し,たプレイヤーとして、江湖称号「殺し師」を獲得した!
    1. 定期的な祝日活動のほか,、旧正月の交歓パーティの項目もあ。る。
      彼は「比武招親」という任務で,十分にうま。く表現されているので、穆念慈に別れを告げた後、夜未明には必ず洪七公に出会う。

      まず、ぞっとする恐怖が,全身に広まって、夜未明の。剣が目の前に近づいているのを見て、スイーツは突然ショックを受けた。
      再び刀妹に向かってまばたきをした。彼は婉曲に,「だめだ!」と言った。。

      事実は、夜未明に三月の質問に答えたばかりで、確かに洪七公を舐めるのが快適であることを証明した。この時、焼き餅を食べ終わった彼は、拍手の上のカスをたたいて来て、口の中で「私。は考えたばかりでこのことはあなたもわざとではない。このことであなたの機縁が切れたら、私はいつも花子と呼ばれているようだ。」,と言いました
      この瞬間、夜未明の数人の小さ,な仲間が彼の目を。見て、まるで神々を見る感覚だった。