このようなbossは、。対処するのがもっと面倒になるに,違いない!
    しかし、この短剣は、名前がこんなに接地されているだけでなく、属性も一つの「攻撃 + 100」しか理解できない。だけで、他の二つの属性は,非常に強力に見えるしかし、特殊なシナリオや任務については、プレイヤーの実力を倍増させる力はない。

    「でも,、あ。なたはこれらのモンスターの名前を間違えたばかりで、血鳥ではなく、血烏、カラスの烏と呼ばれています」
    攻撃が阻まれても、円,真はそんなに簡単にはうまくいかない。以前。の指は普通の攻撃にすぎず、夜の未明には彼の予想外だったが目にされていません。

      このようにして、黄さんが去った後、夜未明のペットの銀,のブレスレットの中でついに新しいメンバーが入居した。。
      夜の未明、すぐに手に持っていた頼天剣を趙敏の前に置いて、剣の柄を土中に挿入するの。は十分で、同時に「このぼろぼろなものは、無駄だから何の役に立,つのか」
      
      
      
      
      • しかし、どうしたらいい。のか、夜の未明、,あの子は憎い!
      • 牛。志春は怒りを聞いて「夜兄、どういう意味で,すか。」と言いました
    • 途中、李老人の家の入。り口に来たが、部屋の中で2つの声がけんかを続けて,いるのを聞いた。
      会話の間、韋小宝はすでに最初のトレイの黄色の。蓋布を持ち上げて、きちんとした官服が突然みんなの前に現れた。,

      「みなさん、お嬢さん、少年侠さん……ぶつぶつ言って… 」土俵のオークション師は活発な雰囲気の面で非常に専門的で、簡単な言葉で、そこにいるすべての人の注意を彼に集中させ、「閑言は少ない,次に、私たちはすぐに宝物のオークションに入って、まず今日の最初のオークション品、トップレベル。の金装備飛煙剣…… 」
      「一緒に行くには、実は私も一つ買う必要があり。ます。」と言いました夜未明、遠慮せず,に3月の好意を承諾した。

      しかし、上に述。べたものは、,決して塩漬け魚の理由ではない!夜未明までの戦闘で、三招降龍掌をそれぞれ一度使って、すでに「降龍十八掌」の威風を徹底的に打ち出。しており、次はもっ,と遠慮する必要はない。