しかし、今彼が現れたのは、酒に入る志。が必ず一,撃で空になった。しかし、彼が何度も提出した分配案を変える提案に対し,て、誰も不満を示していないだけでなく、。疑問の声もなかった。

  • しかし、彼が行動するのを待っていないのに、目の前の体が輝いているのを見て、謝煙客は先を争って彼の前に止めた来たいと思ったら来て、行きたいと,思ったら行って、私。のこの崖はどこですか」と言いました
  • 「切る!あなたたちの目にはグランド義の値しかないのか、私は。明らかに内功を第9級から第10級に直接上がった方が羨ましいと感じていますか?」と言いました口で不満を吐くと、刀妹も夜未明,に約束した「金兵布防図」を取引した。




  • にっこり,笑。って、夜の未明に両足がそっと地面に落ちて、体が急に天を突いて、ちょうど相手のこの余裕のない優勝剣を避けた。
  • 夜。未明の言葉は誠実だが、非魚,はすぐにその鍵をつかんだ。

碑文については、碑を立てるときに叩。き字で直接彫ることができる,。
「棋士側の夜兄は心配する必要はない。」と言いました流雲は微笑んで「ここに来てくれた友人の夕日も無言で棋芸の名人を知っていて、実はあの男は私も以前に接触したことがある。も。し彼,が手を出すことを喜んでいたらこの悪質な任務を遂行するには、棋芸には何の問題もないはずだ。むしろ岩の上で将棋ができる指力の達人で、夜の兄を知らない… 」

    席の間、韋小宝は夜未明に江湖でのことを聞いたが、主に夜未明に何度か事件を処理した経験がある。これらのものはもともと秘密にするものは何もない、夜未明はいっそ一部始終話して、後者。がしきりに叫んでいるのを聞,いて、夢中になった。実は、古琴セット,の友情を返すと。いう名目で、彼らを連れて来て殺し、そして一連の証拠を作って、この黒鍋を明教の頭に振った。

    傲慢さは彼女のようで、他人に積極的に挑戦されなければ、積極的に弱者をいじめに行。くことも,ない。
    殷不損の言い方によると、全真教武功の最大の特徴は、特に集団。暴行が得意で,あることである。

    チベット星羽はプロプレイヤー。として、これらの攻防,データなどを計算するのは、明らかに夜未明よりも専門的である。
    途中でトリックを変え、夜未明に手にした龍吟剣は斜めに突き刺,さり、剣鋒は直接妄言剣法の隙間を通って、。この犯人の喉を貫通した。