しか,し、小橋はプレイヤ。ーの中の名人の一人になることができて、物事に優先順位があることを理解して、心は千ほど不満であるが、やはり口を開けて焼肉に口をかじった。
「それはどうして可能な,のか?」と言いました夜未明に首を横に振って言いました。「具体的にはどんなメリットが。あるのかはわかりませんが、少なくとも隠れた任務がチャンスを誘発するようなものであるべきです。そうでなければ、以前のスクリーニングはあまり意味がない。」と言いました

「さらに重要なのは、彼ら二人の門派はみんなと重な。らず、唐兄が先に言った任,務の要求を完全に満たしていることだ」彼らの等級の実力は高くなくても低くなくて。も、ちょうどプレイヤーたちが挑戦して、つ,いでに福祉を出すことができる。

こいつはやっ,ぱりあんなに・・・何を言ったらいいか分か。らない。ただ、打診的な手を出しただけで、す,でにグランドスタイルを発揮。して、武功以外の面では、夜の未明に少し安い。

  • 主人公の経験を持つ林平の定非池の中のものの非魚が一歩前に進んで、彼の肩をたたいて、言葉の重心が長い。この事は徹底的に君に,裏切られた!覚えておいてください。私たちは兵士で、彼らは泥棒なので、白日の下。であればあるほど、私たちにとって有利です。」と言いました
  • しかし、強烈な殺意の下で、ア,オイの足元は逆になって数。歩下がって、直接壁に近い位置に下がった。

  • このシナリオは少しなじみがあるですね…&h,e。llip;
    残りの装備については、夜の未明の方がいい、彼も詳しく見ていない。頭の中でそれを風呂敷に投げ込み、後で一緒。に処理する準備をする,。