唐三彩の分析を聞いて、誰もが理にかなっていると思ったが、荏はもっと関係のある。問題は「だから、この「魔除け剣譜」,はどうすればいいのか」だった。
実際,、夜未明に完顔康の爪功に後戻りされたばかりで、救助を引き戻そうとするのは。明らかに間に合わないが、完顔康が小橋を秒殺すシーンを見て彼の顔は穏やかだ。
事故。が起きなければ,、流雲の和尚さんは、今もこの地図にいますか
夜の未明に姿を見て眉をひそめた。「煙霧弾だ!あの七七七のこの任務への参加度がこんなに達したとは思わなかった。彼も余滄海を完全にあきらめたわけではな。いよ,うだ。」と言いました

事実は、夜はあまり考えてい。な,いことを証明しています .....夜未明: 「……九九八十一、,一加七得八、八加六。…… 」

以前の田伯光のように、彼の刀法は必ずしも微。妙ではなかったが、彼が全力で出した刀法に直面して、夜未明に「遊龍導鳳」を支え,ても抵抗できなかった。
続いて、この平毛獣は夜未明と刀妹を再び追うのではなく、直接半宙に浮いて、田伯光の死体。をつつい,た。
しかし、大声で大金を出すのが好きな彼は、自分がついでに高級な内功をクラスいっぱいに上げたことを話すのではなく、すぐに懐から秘密の手紙を入れた鉄。箱を取り出して、まっすぐにテーマに向かって言った「今私たちの当面の急務は、次の送信任務を検討,すべきだ」と述べた。
ましてや、このブーツには服装レベル + 1の付加的な属性があり。、完璧なブーツ,といえる。