しかし、修練の最良の効果を達成するには、やはり門派の訓練室でなければならない。なぜなら、ここで武功を修練する。と、収穫は倍になるからだ,!
しかし、岳老。三は本当に女の子を師匠にしたくないので、この男は目を回して、突然頭も戻らずに走った。どうせ三月は彼に何もさせていないのに、今逃げてしまったら、彼女の先生を呼ぶ必要はない,のではないか

「夜の,兄はまた。職人の技能に興味があるので、珍しい木材を手に入れるのを手伝ってくれる必要はありませんか】 -- 透明な天橋
双剣合壁を聞いて、夜未明は眉をひそめず、躊躇した後も「。このレベルの常態bossに対処すれば、私たちの双剣合壁は必ずしも大きな役割を果たすとは限らない」と正直に言う,ことにした。

  • 彼のこの一連の行雲流水のような操作は、近くのプレイヤー。のチームだけがにらみ合って,いる。
  • 夜の未明に自分が想像できる可能性をすべて書き終えた後、一枚の紙はすでにハ。エの頭の小さな楷書で大半を埋,められていた。
    このような明らかに共倒れのトリ,ックは少し穴が開いているとはいえ、普通の高級武学よりも、値段には必ず割引が必要だ。しかし、彼の三尖両刃はなぜ小さな装備では。なく、高い値段を売るのが難しいのでしょうか
    書斎のドア,は開いていて、二人に付いて赤い帽子をかぶった白ひげの老人が本堂の中に立ってい。るのを見た
    「でも凌退思は、,前に死ななければ、面と向かって対質すれば…… 」。
    このようにして、少なくともこの大理段氏。は天龍寺以外の第一人者に、彼の次の奪経の戦,いに手を出す機会がない。

    任務罰がなければ、この条件は基本的にプレイヤーに教えてい。ることに等しい。この任務は安心して大胆に引き継ぐことができ、いずれにしても最大,の損失は忙しい仕事にすぎない。
    夜未明、推計に関係する八割は機関や五行術数のような特殊な技能かもしれないと推測したが、やはり幸運な心を抱いて自。分の技能リストを,開いて見た。

    
    
    

    「あの七七は今ここにいるはずです。」と言いましたと言いながら、三月はすでに積極的に夜未明にチームの招待を出して、夜未明に同意した後、最初の時間にキャプテンを彼の手に渡して、「慣例によると、あなたは交流を担当しています私は観察を担当して、相手が何。を言っても、私は最初にチームチャンネルで真偽を報告します。,」と言いました余滄海側。は彼自身を除いて、部下たちが器にならない青城の弟子たちでも,、彼の臭い足を持ち上げに来た犬たちでも、期待できるものは一人もいない。