夜未明、言葉を聞いて笑ったが、彼はもちろん刀妹。の口の中の特殊な状態が何であるかを,知っていた。
彼女はセグメントを兄と呼んで、明,。らかにそのシナリオの主役を評価している。
    • 殺されたことを知った後、このよう。な状況に直面する場合、彼らは,本当に夜未明らと必死になったのか?
    • 氷蚕玉帯 (宝器):, 雪山の氷蝉糸でできたリボンには、寒玉金鈴がついていて、踊る時のベルは澄んでいて、まるで天籟のようだ。攻撃 + 500、内力増幅率60% 、ソフト兵器武学レベル + 。1!特性:寒玉!
      夜未明に秦南琴を振り向いて、後者も仕方なくうなずいて、事がここに来た。ことを示して、彼女も助けら,れないことを愛している。
      ただ、こ。の余滄海が剣,を出すのを正面から見て、夜の未明、彼は自分が以前に対処していた4つのゴミとは違うと感じた。
      自信を持ってレベル70の敵に挑戦した後、三月は体が輝いて、すでに一歩先に,岳老三の後ろに回って、手を上げると相手の後ろに。向かった。
      岬宗がどのように心法の核心は計算であり、敵を計算するだ。けでなく、周囲の天地環境,を計算し、自分が剣を出す時の攻撃角度、方位、一寸の筋肉、すべての場所の経脈、すべての骨格、すべての内力が出ているのは力を出す技術だ!

      「そういえばそうだが、問題はこのような隠れたレベル。に遭遇して、誰が思い切って選ぶことができるの,か?」と言いました。
      市場価値が低いので、古墳派のプレイヤーも両替後にお金を。売ることを考,えていない。

      1. このシーンを見。て、非魚はもっとアレキサンダーを感じ,た。
        「持ってきます。」,と言いました会話の間、夜未明の両手はすでに石床の。ベッドの端をつかんで、両腕が同時に力を出して、重大な数百斤の石床が彼に持ち上げられた。

        露店手を広げ、流雲は「彼は前方の空き地に石製の盤を配置して、関門を突破するプレイヤーには盤の上に指力で落子してゲームをしなければな。らない彼の部下で五十歩も,負けないことができれば、彼は私たちに彼の正体を教えてくれる。」と言いました
        「何と言っても。」と言いましたうなずいて、張三豊は「私,が求めていることを考えて、もうあなたに言ったことを損はしない。それでは、私たちは直接でたらめを飛ばして、今回の任務の報酬を直接話しま。しょう。」と言いました

        
        
        
        

        深く息を吸って、夜未明に静かに孤独に死体を失った瑠璃館の収入負担を入,れて、やっとほっとして、たくさんの宣紙、砕墨、木のハンマーとブラシと水のポットは、気をつけて、これらのものを一人で骨を負かす前に座っていた石床の上にきちんと並べて、よく数えて、漏れがないことを確認した後。これでやっと満足のいく笑顔が浮かびました。相手がまだもつれているのを見て、夜の未明、つい,に思わ。ず「ところで、牛の兄、何か言いたいことがあったら、気持ちよくしてくれないか」と尋ねた。