夜未明、そっと首を横に振った。「。次の時間は,忙しいと予感した」
「はい。」と言いました3月に「ok」というジェスチャ,ーをして、「門派の中で混ざっているのが気に入らないので、余滄海も明らかに七七と呼ばれるプレイヤーを重視しているだから、小を読むと不満に。なるんですね。青城という小さな門派に加入して、うまく混ざらないと、どういう意味ですか」と言いました
夜未明、普通の委託販売であれば、相手は自分と。面談する必要は全くないことを知って、すぐに「沈氏の意味」と問い,返した。
この唯一の機会に対して、彼自身は非常に大切,にし。ているので、助手を探す時にも落ち着かない態度を持っている。
    「えっと」夜未明に眉を選,んで「もし私が渡し。なければ?」と言いました
    夜未明。の目は李老人の死体に落ちたが、システムの舞台,裏には突然一連のヒントが現れた

    玄小筆理は当,然「あなたたちは言わないでくださ。い。これはコピーで、誰が行くか観察します」と反論した。
    「あ,なたが以前に出したダメージと比較してみると、私のダメージは彼に当。たった後に3割ほどの威力を弱体化させたと感じて、約7割しか残っていない」

      鳩摩智はまさに慧根のある人で、彼は今いろいろなことをし。ているが、天を穴に突き刺したいような顔をしている。,
      第9級の「文才」は蓋ではなく、文才と絵画とは違う,が、バイパスに触れる効果がある。彼に描かれたものは、どんな。にきれいかは言えないが、荏が理解できることを保証できる。
      武功レベル,を上げたばかりの牛志春。は、夜未明のそばに来て丸い棺に腰を下ろした。
      宋兵乙は夜の未明をしばらく見つめていたと聞いて、突然笑いました。「あなたのこの子は率直で、さすがに洪老助手に大切にされる人です。「興奮龍に後悔がある」を学びたいと思ってもだめではないが,、この世界の運営の法則も知っているべきで。、任務をしなければならない… 」
    • また、実際には、魚ではない場合も、狩りに適してい。ます,。
      喉が渇いたら香茗を飲んで、お腹が空いたらお菓子を食べて、,目を覚ますと、殷は正式に夜未明に「。笑傲慢江湖」の話をした。