• 彼は他人の輝かしい瞬間がどんなものかは知らないが、この戦いで、彼の夜未明の輝かしい瞬間は「玉砕。昆岡」を開,く時だ!
    • しかし、その時、三月は突然一歩前に進んで、何の恐怖もなく上段延。慶満漢の,殺意の目を迎えて、檀口はそっと開いて、4つの言葉があまり美しくない詩句を読んだ「天龍寺の外、菩提樹の下、化子はだらしなく、観音は長髪である。」と言いました
    • 「正確には、煙雨楼比武,であるべきだ… 」。
    • その時、王妃の一言は、蹴られた縁から刀妹を救。っ,てきた。

    焼肉を分けた後、,夜未明に狼肉を試験し続けるのではなく、木の棒で。炎の中央の大きな泥球を取り出して、軽く叩いた。もともと、彼は夜未明に「戦龍在野」を教えることを選んだのは、この男が堂々と敵と正面にいる。ことを学ばせるためだったが、,このトリックの特性は決まっていた夜未明、意図的に掌力が極盛から急衰に変わったとしたら、他人には何の破綻も見えない!

    このような外界の妨害を受けない状況では、夜未明に鳩摩智の破綻。を余裕で推,定することができる。
    ここは袋小路のように見える。が、実は乾坤を隠,している。