今できる自分はもうやっ,た。残りは、彼自身の運。と能力しか見られない。
    宝器レベルの感飾は、攻撃力に直接増幅することはないが、加えら,れ。た属性は夜未明に一番好きな「反応」で、200点の防御を加えている。

    二人が交際した最初の時間に、夜に嘘をついた弾指神功に感情を騙された刀妹は、彼の「表情で出。力する」掌を見,て、突然激怒した。
    仕方なく苦笑して首を横に振って、唐三彩は「私。のゲームでの友人は多いが、その中で本当の名人も何人かやっている」と言った,。

    • 「第二に、私は円真がトリックを仕掛けたことを知って、モンゴルの朝廷の。名人が出て、今、城西三十里離れた血,瓢箪谷で崑崙派の掌門白鹿子を包囲して、私に結婚したいと思っている」
    • 自分の友人を少しの傷から守るために、唐三彩は自分の最も得意な戦術をあきらめて、すぐに手を打って、金装備の松風剣がすでに彼の掌の中に現れて、剣が手に入っている唐三彩は目もまばたきもし,ないで、このように毅。然としてこのタフなbossと正面に合うことを選んだ!
    
    

    秦南琴は甘やか。されたと聞いて、再び夜未明の目を見てショックを受けた。「この兄、あなたはいい人です。」と言いま,した噂を聞くと、チベット星羽はすぐに精神を持ち上げたが、何足道は「私の観察によると、呼、楊、高、鄭四家の射撃法は、それぞれ射撃法の中で攻め、防、速、力の四つの秘訣の真髄は、それを一つにして、武林大。派の鎮派武学と並行して論ずることができるが、結局は四者を支配できる本当の核心が欠けている!」と,言いました

    
    
    
    

    しかし、夜の未明には、次の作戦計画。を立て始めた。物語の次の逆転は、急転直下で、彼を殴っ,た!目を向。けた時の細長い通路は、夜未明に突然「ここに来る前に、私はここに何か血烏を恐れたり、特に嫌いなものがあったと思っていたここを巣にしていないの,に、風がここの天然障壁になったとは思わなかった。」と言いました