今回は夜未明に分析しなくても、非魚は首を横に振って言,いました。「私の技能はあなたたちと違って。、あなたたちの技能は観察類で、自分が言わなければ他の人は、あなたたちの観察が細かいと思っているだけです。しかし、私の「万里の追跡」は違い、人の前で何度か使った後、心のある人はその中の端を見つけるのが難しい。」と言いましたうるさいと、二人はすでに玉門関の近くに近づいていて、景色のいい山林を通っていたが、夜の未明、突。然眉をひそめ,て「聞いて、歌っている人がいるようだ」と言った。

次に夜の未。明です。赤霞荘にいた時、夜未明に爆発した攻撃力が彼に残された印,象は今でも消えにくい。
そ。の時、黄首尊は続けて「その後、私は地方の公式の人に死体を神捕司に送ってもらい、林鎮南の子林平之が自ら,確認した作との間の宋様が自ら死体を検査した結果、その二つの死体は林鎮南夫妻に間違いがないことが確認され、彼らの死因は手の力で心臓を震わせて死んだ。」と言いました

夜未明、言葉を聞いてそっと首を横に。振って、,仕方なくため息をついた。「あなたに見られたとは思わなかった。私はさっき爆発した後、確かに虚弱な状態に陥った。あなたが私を殺したいなら、これがあなたの唯一のチャンスかもしれません。」と言いました
刺され肉まんを食べ。て、飽食度 + 1、1時間以内に体,が + 1!

      • 三人の男の同胞が目を離すことができないのを見て、メンツのために豚の兄相のおか。しな姿を見せないように我慢して、三月はすぐに夜の,未明を白くした咳に付いて三人を同時に目覚めさせ、「これは私の良い姉妹で、名前は透明な天橋です。あなたたちは彼女の人がきれいに見えるだけではなく、人の実力は強いですね。少なくとも私より強いです。」と言いました
      • その赤い服のプレイヤーは夜の未明に手を出したことを発見した後、すぐに体を変えて、志が必要な剣を捨てて、体を変えて巴天石と同じ方向に追いかけ続けた夜未明の「弾指神通,」の一撃を避けながら、巴天石に長い距離を引き。離さないようにした。
        彼を変えても、武功ではなく門派の技能。を優先的にアップグレー,ドする。
        彼が何かを議論するのを待たずに、夜の未明にすぐに地面のスツールを拾,って、李老人の足元に立って、スツールは李老人が宙に浮いているつま先からまだ半。尺の距離がある。

        しかし、誰かが忙しい仕事をしたいと思っている以上、チベット星羽のような名人で、夜の未明は淡々と千里の外に人を拒絶する道理がなかった。だから、二人の古墳派の妹の目の中の珍しい動物, (。男) は、武器をきちんと回収し、再び密林の中の隠れた小道に潜り込んで、古墳派の勢力範囲を離れた。
        刀妹は「何か違いはありますか」,と好奇心を持っ。て尋ねた。

      • 突然意識する前に謝煙客が「余計なことをする」,と言った時、声が中気になって、いつ。でも切ることができる様子はないのか?
        首を長くし,て待っていた唐三彩。の前に来て、魚ではなく興奮して抱きついた兄弟は覚えた!」と言いました