「あなたは気づいていないのです。か?あなたが修練した武功,の等級が上がるにつれて、招式破綻がますます小さくなるだけでなく、眼力もますます高くなる。」と言いました
「それでは、まず攻撃をやめ。て、彼,らと交渉してみましょう。」と言いました
  • 「それで終わりじゃない。」と言いました殷は「実は、彼はあなたを褒めている時、せいぜい私,に少し無視しているだけで、決して失礼ではないので、私の立場に立って何度も落ち込んでいますが、彼を恨むことはありません。」と言いまし。た
    これから皆さんにもっと良い、より素晴らしい物語を提供できる。ように、東流は今日一日休暇を取って、自分,の状態と後続の筋書きを同時に調整することにしたので、ご理解をお願いします。

    真武大殿から十丈離れた木陰で、夜未明に突然何かを思い出し、殷に「私はほとんど黒玉断続クリームをもらった時あなたが言った郭襄二大舐め犬の一人の何足道も見た。その後、私はずっとあ,な。たに聞きたいと思っていましたが、郭襄のもう一つの舐め犬は誰ですか」と言いました
    しか。し、知,らない、夜は驚き、相手の心の驚きは彼よりも多い!

      遠く離れていて,も、彼の体からの。熱気を感じることができるようだ!どう言えば射撃法は見られないのか、これは直接。長兵器にまとめられて統,一的に計算された……

      「美人、『魯。公秘録』の,修練はどうなったのか】 -- 夜未明
      「ああ、それは大丈夫だ。」と言いました夜の未明に相手の肩をたたいて、「あなたは最善を尽くした。落胆しないで、。夕食に鶏の脚を入れてください,」と励ました。

      人々がすでに準備ができていて、次の任務で人を救う方法を協議。した,とき、突然少女がみんなの前の森から逃げ出したのを見たみんなが谷を離れるために必要な道に立ちはだかる。
      「兄弟た。ち、手を,出す!」と言いましたシステムが提示した次の瞬間、すくい面マントーはすでに命令され、先頭に立って武当弟子に向かって攻撃を展開した。準備ができていた武当弟子もそれぞれ手を出して、包囲を突破したい。

        第,三位の沖精品は、門。派の特徴の優位性に頼って、今の段階に至った。刺されあなたは。「虚靖語,録」を研究した後、収穫が豊かで、修養技能「道法」を理解し、理解力 + 1!