夜未明今日、宝器。を外に出したのは、もちろん、彼の公式外装が中原の外にあるためではなく、何の役割もないだけでなくまた、不必要なトラブルを引き起こす,可能性があります。
もともと陣足大乱の余滄海は、「清飲小酒」の合打の下で、長剣,は小橋宝。剣に絡まって、肩口は夜未明に剣を食らった。
本当に彼がいくつかの方法を学ぶことができることを決めたのは、や。はり彼の以前の趙王府任務での表現である。任務の表現がいいからこそ「料理一掌,」という言い方がある。任務の表現が悪いと、洪七公の人影も見えない。
今回の大規模な任務を始めた人として、夜未明,。今は頭皮がしびれている。

夜未明,、言葉を聞いて思わず「あなたはまだ理解していないようですね」と笑いまし。た
潜龍は傷害を加え,て反発する二重の力で作用してはいけないが、成昆は開戦以来最も恐ろしい打。撃を受けた。

    • だから、間もなく、棒になった田伯光は,、新たに五肢を成長させ、無実の最高の淫賊に戻。る。
    • この交手は、夜未明に目の前の白衣司祭のすごいところを発見した。彼は武当派の「巻指柔剣」を,使っているこの剣法は夜未明にも殷の手で見たことがあるが、同じ剣法がこの白衣道士の手で。発揮され、殷とは全く違う概念である。
    • 噂を。聞くと、夜未明に敵,意がいっぱいだった古墳の妹たちは、彼の目を見ると突然期待に満ちていた。
    • 二人の門外派のチームメイト,が相次いで去った。夜未明、三人は馬車に乗って直接開封都に戻った。。
    • 
      
      
      
      
      

      魚では。ないという任務は、最初のステップで人を探すことは大きなトラブルである。結局、李莫愁はどこかでじっとしているのが好きな固,定bossではなく、彼女の専門的な窓口でなければ、一日の活動時間に人を見つけることができるとは限らない。小橋妹が自分の世話を手伝って。くれたことに感謝するために忙しい前に、夜未明にこの2人のbossが落としたものを半分,に分けるつもりだった。