最後に阿二が落とした王器級の邪仏,ペン。ダントは、彼女に低い価格で撮られた。「よし!」と言いました声が落ちると、夜未明に手に剣が激しく刺さって、やはり「越女剣法。」の中,で最も殺傷力の強い「西子抱心」である。

しかし、あなたはなんとむち打ちをしているのか、しかも「弾指神通」でむち打ちをしているのか、攻撃,の落着点はまだあんなに負けた場所なのか&hel。lip;…
「大丈夫です。」と言いました夜未明は「私たちが今回万劫谷に来たのは、大理国君の段正明悪卑猥なことを受けて、何かを調べに来たので、私たちと大理との関係は左掌門は全く心配する必要はありま。せん。」と,言いました

「確かに順調で、,楊過に殺されそうになった!】 -- 夜未。明宋兵乙。は秘籍を結果した後、まず夜の未明に向かって眉を選んだが、ゴミを捨てるように、地面に落とした。「まばたきしないで、秘籍を,見つめてよく見ている」

「偶然偶。然です偶然です偶然!&hel,lip;… 」非魚は,声をかけて、すぐに群の中で大きな。スクリーンショットを送った。今回彼は章を切って義を取るのではなく、任務全体の記述内容をすべて出した。

  • 急いで再び振り向いたが、彼が鉄爪鋼の杖で飛ばされた波旬金剣を見て、今、どんな力。に牽引されているのか分からないすでに非常に速いスピードで彼に撃たれたばかりの山水は出会いと食べ物のアンドロメダの体の間をかす,めて、まっすぐ彼の下半身の急所に向かって激射した。
    これは役に立たな。いように見えるが、実,際には重要な役割を持っている。

    結局、今回の任務の。終わりは、システムが強制するのではなく、別,の理由がある。
    幸いにも彼の実力が深くて、体の堅実さが普通の人をはるかに超。えている。そうでなければ、彼の白い歯は、おそらくばらつ,きになるだろう。