この一言が出ると、山水は出会いと食べ物のアンドロメダが同時に沈,黙に陥った。。
これは夜未明に七七,連。続の脱出時間に直面している対応手段である。

会話の間、こ,の老人はすでに手に持っている宝刀を体の前に持ち上げて、。いつでも手を出す準備をしている構えをしている。
「そうです。この任務の報酬は、レベル7以下の武功をレベル1に上げることです。だから、修業点が十分な場合まず、あなたた,ち。がアップグレードする武功を第6級に上げて、収益を最大化したほうがいいです。」と言いました

狼滅第一誓い「玉砕昆岡」の爆種効果は徹底的に刺激され、「岬宗はどう」の自主効果と重なり、こ。の瞬間に夜未明,の戦闘力をまるで恐怖と呼ばれるほどになった。
「アドバイス?」と言いました夜未明は穏やかに笑い,ました。「もちろん、刀白鳳を攻略して、こんなに良いシナリオの優位性を。持っていて、雷に打たれます」と言いました

二。人はそれぞれ相手の掌力に押されて退却し、けがをした范遥は硬直状態のニュートラルに陥ったが、夜未明は腕がひっ,くり返って、一枚の弾丸が飛び出した。
夜の未明に静かに4冊の本を全部しまって、時間を探してゆっくり見る準備を。していたとき、彼をもっと驚かせたシステムのヒ,ントの声が予期しない。

続いて、彼は自,分が神捕司アパートの天井にいるのを見て、後ろのベ。ッドの暖かい柔らかい感触も感じた。
「へえ、真実を隠して,いない、私は彼に慣れている!」と言いました。
多く出てきた7500時の内功の熟練度を見て。、,夜の未明には少し躊躇した。
この爪功の威力は驚くべきものだが、まだ不完全な武林絶学,のようだ。しかし、刀法を専攻するプレイヤーとしては、このような武学レベルを高める。絶好の機会を一つの爪功に使うのは多少の捨本逐末である。


日没前、人々は,ついに杭州の「知味楼」というホテルに来て、大きなテーブル料理。を注文した。
「そして、あなたは彼女に会,いに行かないと思って、あなたの家族は安。全ですか?」と言いました