しか。し、すぐに,、彼らは笑っている気持ちがなくなった。王処は言葉を聞くとため息をついて、「あの完顔康,はもともと私の全真教と大きな起源を持っていて、彼は金人ではなく、漢人の忠良の後でさえ。ある。十八年前の牛街村から話があります。ぶつぶつ言って、ぶつぶつ言って… 」

誰もが彼が気にしているのはなんとこんなことだとは思ってい。なかったが、その雲華上仙がわざと無理強いしている様子を見,て、本当に二人だった。「だから、酒を飲んで補償した後、。孤独な行雲は寛大に彼を許すことを選んだ,」

夜未明に眉をひそめた。「もし私たちがここで遅れていたら、あなたのスピ。ードでは、本当に宿泊に間に合わないかもしれない。あなたは本当に勇気があると私,は一緒に野宿荒野?」と言いました
「こんな任務があるなんて!」,と言いました。システムのヒントを聞いて、三月は「家を買うことは急がないで、まず任務を引き受けましょう」と興奮した。

刺さ,れ洪七公の指導を受けて、あなたの「潜龍は使わない。」等級が上がって、現在の等級は第9級です!
もと。もと冷ややかに見物しようとしていた非魚は、今度は笑えなく,なった。

  • しかし、夜。の未明には、この品物は一人でたく,さんの妹に好奇心を持っている目を残してはいけない。純粋な選択を保存するだけです。
    そして、身を,かがめて立ち上がって、雪山の金烏二人組について追いかけた。。

    この子はいつも「全真剣法」の形をしていて、そもそ。も君を骨壷に入れ,て、背後にどんな陰毒な手段が隠されているか知っている。
    「やっぱり、夜の未明は夜の未明です。」と言いました刀妹はそっと首を横に振,った。「私は以前、激将法で自分の強みをあきらめたいと思っていたが、私は考えすぎたよ。うだ。だから、トリックを見て!」と言いました

    第407章聚宝盆を使用する (白銀,盟白衣の。霜華yに43/110を加える)。
    空が暗くなるの。を見て、石清,はついに自分がもう座っていられないと言った。