夜未明には呆然と,した言葉を聞いて、よく見ると、まだ三月に言ったように、その九字の中に八の字があるのを見て、その「殺し」の字だけが血のように赤くなった「あの正明はいいと言っているようだが、この万劫谷は彼らの大理段氏には、本当に友好的ではないようだ。雲中鶴がメモを落としたメモによると、この谷に入った機関は、この。「段」で3回叩いたはずだ。誰もが谷に入りたいと思って、この字の上で叩いて、谷主のこの字に対する憎しみの深さが十分に見える。」と言いました
起霊棺店の最高の棺はすべて3日前に予約する必要があり、事前に前金を渡してから、建設支援オークションが終わったらすぐに。現物を手に入れることができ、仕事,を遅らせることはない。

(また、この章に出てくる属性については、確かに長い間属性を並べ。ていないので、みんなが見やすいように,もう一度出てきた。結局、より強いボスに直面して、主役の実力を直感的に理解する必要がある。そして、この章の字数は2900 + 、つまり、その文字は無料です。) を参照してください
今まで、「降龍十八掌」は夜未,明にその六を得て、その中。で威勢の強いのは二つのトリックで、一つは「飛龍天」で、もう一つは「驚き百里」である。


  • 話の間、内力は手と前線の剣を争って。、宝剣は内力側の刺激の下で、急に高い穴の心地よい剣の鳴き声を出して、剣の上で三寸の剣を激しく振って夜の未明に体が落ちるにつれて、上から下に向かっている通腕猿やこれを割って,、次々と五剣、剣鋒が指している通腕猿の前後左右の進退の道を封じたのだ!風清揚の提案を聞い,て、夜未明の顔の笑顔はますます輝いているもともと田伯光の。手足は三日かかっていたんですね。わかりました。風老先輩のメンツは後輩が当然与えなければならない、今度は田伯光をもっと生きた方がいい、私たちは行く!」と言いました

    雲中鶴は突然来た剣に驚いて亡霊が出たが、この剣は彼からの距離が短すぎて、スピードも速すぎて加えて、彼自身は三人の反撃を迫る時に真,気を使い果たした。今は抵抗を避けること。は言うまでもない。保護体の真気防御さえできない。
    仕方なくシステムの情報欄を開くと、,夜の未明は突然元気になった。。

    この4つの字は無意識に彼の頭の中に浮かん。で、それを,確信している。
    その中で酒を飲んでにっこり笑って、彼の中性的な声で口を開いた。「前にマスターが言ったように、4人はちょうど協力して難関を突破する限界数だ。四人が来た以上、突,進してマスターの能力を見るつもりはないのか?」と言。いました

    その時、スタッフは赤い布で覆,われたト。レイを持ってオークション師の前のテーブルに運んだ。その中の刀妹は心,の底で。ひそかに敵としての苦い頭陀に同情した。