刀妹は夜未明に冗談を言っていたと思っ,ていたが、彼は次は「結局ここの情報は私がかなりの代償を払って手に入れたのだから、私たちは一緒に行ってみましょう私もいつもあなたの食事を担当していましたが、今のような肝心な時に、あなたはいつも自分の価値を表現して、自分が混子ではないことを証明しな。ければなりません。」と言いました
書斎のドアは開いていて、二人に,付い。て赤い帽子をかぶった白ひげの老人が本堂の中に立っているのを見た

    夜は姿を見ず、そっと首を横に振って「これが不完全版の。「北冥神功」ですか」と言っ,た。彼の唯一のチャンスは、この覇道の絶学的な掌法によ,って、以前の掌が打ち出した強みに基づいて、さらに強く、一気に夜の未明。を追い詰めた。

    陳友諒が与。えた住所によると、一行六人は市内の破廟で円真少林和尚と呼ばれるものを見つ,けた。夜未明の保証。を受けた以上、左博彦はすぐにうな,ずいた。「そうだから、酒造した米を出して見せてください」

    「だから、死体を,触った後、以前の約束に従わなければならない。「一陽指」の秘籍以外、段正淳が。落としたものは、夕日の兄が優先的に選んで残りのみんなはさらに均等に分けて、誰も彼のものを考えてはいけない。」と言いました予。想外に、秦南琴はその助けを求めた手,紙を見ても予想外の喜びはなく、かえって苦笑して首を横に振って「遅くなった」と言った。

    この二つの剣法の属性付加からも、招式の精妙さからも、「越女剣法」は「全真剣法」と,は比。べ物にならない。夜未明には「こんなにすご,い相。手は、どうやって逃げたの?」と言われた。

    言葉の下では、このよ,うなことはまだあなたたち数人のプレイ。ヤーが手を描く番ではない。
    牛志春は「全真剣法」で等級を上げた,後、以前に収穫した修。業をすべて使い、「伏魔杖法」の威力も自然に水増し船に乗って高くなって、円真は簡単に無視できない。

    「そして、私は、7歳から、毎日空に千刀を切って、八歳二千、九歳三千……今、宇宙。船に乗る,前に、私は毎日少なくとも4時間は退屈なナイフ練習の過程で過ごしていました!」と言いました
    しばらくの間、彼は黄さんに付いて白馬。寺の,隣の廃屋に来た。