殷は「この中には、。何か玄機があるのではないか,」とあっけにとられていない。
「もちろん」肩をすくめ、夜未明には「私が先に言ったことは推測にす,ぎず、真実の証拠は何もない。しかし、以前あなたが私を襲撃した指は、あなたの身分を徹底的に暴露した。」と言。いました
  • 振り向いてみると、にぎやかで物事,を恐れないメロンを食べる人。々の話をしている。そして、一刀斬首は覚えていないのは、このメロンを食べる大衆は、以前彼女がランキングで淘汰した相手の一人だった。
    刀妹は「もちろん、こ。れは私が玉門関に直行することを選んだ理由の一つです。もう一つの原因については、臭い捕獲が速い、この日の多くの道を経て、軽い仕事の熟練度がまた大きくなったことを発見していないのか?」と言いま,した

    非魚が言った罪名,を聞。いて、そこにいるすべての人は無神経な顔をしている。
    夜未明、今の招式は,すでに乱れていて、殺意が目前に迫っているのを見て、倉皇の中で思い切って掌を出して、李枯楼の真っ。赤な毒掌に向かった。

    • 夜。未明、相手に「独孤九剣」,を伝授するよう求めたわけではない。彼はそれが絶対に子牛であることを知っているからだ。
      心の中でそう思って、夜未明に。「鹿鼎公&he,llip;… 」と急いで言いました
          • オークションまでにレベルを39。に上,げることができなくても、経験や修業をもっと積むことができるのがいい。
          • 何も言わないで、夜未明に手っ取り早く振って、無理に使える。修業点,数を落として、それを第7級から第8級に引き上げて、その属性は……
          
          

          「そんなことはない。」と言いました非魚は肩をすくめ、「結局ゲームはゲームだけで、プレイヤーはゲームの中のしたことで現実に有罪判決を受けることはできないが、恩赦のない男がいる重要な防犯対象に挙げられるのは避けられない。例えば、あなた方の唐門が諸葛孔明のクロスボウを奪う任務では、多くの人が多くの印象点を減らそうとしているかも,し。れない。」と言いました会話の間、手に持っているナイフはすでに相手の。後首の上で金,額の暴力的な傷害を切っている!

          「。子はかつて言っ,たことがある: 自分を知って、初めて百戦危うからず。」と言いました
          普通の状況では、双剣の合壁が破られるのは非常に危険なことで,、あなたの相手に手が届かず、間違いさえして、負けてしまうから。です。