神捕司は江湖を整頓して、中原武林を秩序ある環境の下で良性に発展させるよう命じられた。この肝心な時、青城派の掌門余滄海は風に乗って,事件を起こし、数人と繁華街を殺し。続け、性質が極めて悪い!
話があれば率直に,言って、私たちもメンツを求め。ている人でいいですか

夜未明,、。言葉を聞いて少し眉をひそめ、全真教も名門正派で、必要でなければ、彼も相手と顔を裂こうとしない。躊躇すると、段正淳はすぐに四大護衛の朱丹臣に目を向け、後者は瞬間的に納,得して、すぐにぼろ布を取り出した牛。志春の口をふさいだ。

四十歳にな。って突然、天下の大きさ、誰も自分と戦うことができないことを発見した。段,位が高すぎて、順位をつけても相手を撮ることができないという感覚は本当にtmd退屈だ。
だから、彼の反応は他の3人の半拍に遅れて、他の3人の行動を見た後、瞬間的に人々の考えを洞察した自分の。最強の絶学「碧針清掌」を祭っても、三大名人と力を合わせて、鳩摩智の炎刀の刀力に対抗す,る。
  • そっと首を横に振って、黄首尊は「毒功はた。だの邪道にすぎない。短期間で戦闘力が大きくなるが、結局は人を傷つけて自分を傷つけ、土台を傷つ,けて、将来は後悔する。若い時に主な精力をこのような邪道に使うと、一生を終えて、本当の武学の頂点を登ることも難しいかもしれない。」と言いました
    そして。、この心理医僧は戦場から十丈離れたところに膝を組んで座って、同時に「獅子功」の法門を運び、口の中で「般若波羅蜜,多心経」を朗読した。
    
    
    
    
    しかし、夜未明、スプレーを相手にしたくなかったが、相手は「あなたの裁判所の鷹犬は、私の武林先輩に。会って無視して、かえって王娘を見つめていた」と続け,た。
    荏は雷の激しい女の子で、どんなことがあっても,、決。してだらだらしていない。