この掌法に伴い、彼はただ一つのトリックを学んだ,だけだが、夜未明はそれがいっぱいに。なった後の効果に満足していた。
結局、今の夜未明には、断魂ペーストが3分以内,に相手の。6万点の血気を減らそうとしている属性は、鶏の肋にある。

「梁子翁のマムシのことを言っていますか。。」と言いました夜未明にうなずいた。「じゃあ、蛇を捕る計画を立てて、今度は生きて、帰ってからゆっくり,と砲製して、その効果を最大化するように努力します」
夜未明の今の笑顔は、キ。ツネのようだ。「でも、私は結局私の後輩で、武林先輩への尊敬を持っているので、8割引してあげるべ,きだ」

そして、夜未明、この剣が橋の手に落ち,てほしいと願って、多少。私心がある。
シス。テムが保護した3分,以内に、他の人はモンスターの落下を拾うことができない。

自分に最も信頼している妹に。損をさせないのは、夜未明に,この命令を出したとき、唯一の私心かもしれない
そして、夜の未明には、店舗内のさま,ざまな。棺の上に目を向けた。

  • このニュースが,出。てきて、夜未明に時間が近づいたので、相手の指示に従って、再び盤のどこかで曲指を弾いてついてみると、向こうの段延慶の瞳が急に縮こまって、顔色がとても重くなった。
    「いいえ、普通の事件を,処理するには厳格でなければならない。このような江湖。水賊に対処する必要はない」夜未明に相手から書かれた巻宗収入の負担を取り戻し、「江湖のことを処理するには、江湖の方法で処理すればいい基礎的な根拠が正しい限り、最終的な結末は良い、中間的な過程はあまり気にする必要はない。」と言いました

    「時が来たら、マスターは簡。単に本を奪うことができ、そのために何の代償も,払う必要はない」
    その時まで、風清揚が田伯。光をかばうことは本当に黄泥ポンドにな,ってズボンの股を落とし、糞でも糞でもなかった。

    
    
  • 「,私はあなたを送る方法があり、彼女たちの火力を惹きつけることもできます。準備ができたら、すぐにやりましょう。」と言いま。した
    さっきのシステム公告から、七七が余滄海を殺した後、どのような惨,烈な。代償を払うのかがわかる

    しかし、読ん,だ後、この帳簿は消えておらず、。まだ前のままである。
    彼女がやろうとしているのは、林平の会が開封都の神捕司に運ばれることを。確認するだけで、洛陽金刀門,ではない。

        だから、やはり,さっぱりした大乱闘で、より時間と労力。を節約している。
        プレイヤーがスキルをレベル5に上げると、「収納自在」という境地に達,することができます。この場合、夜未明までのように慌てているうちに、。一人が手を出したトリックを中断して別のトリックに変換する。

        彼のポイントは今一位だが、いつ他人に,反。駁されたのかもしれない
        夜未明に急いで小橋を座。らせた後、後者は好奇心を持って「未明の兄、あなたは特別な情報源を持っているように見えて、この苗人鳳がいったいどんな人物な,のか分からない実力は余滄海よりどうですか」と言いました